ネットマーケ業界の宅配便「会社受取奨励制度」、協賛企業が50社突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅配の再配達削減に向け、ネットマーケティング業界各社が主導する個人向け宅配の荷物を会社で受け取れるようにする活動「個人宅配物の会社受取奨励制度」の協賛企業が、50社を突破したことがわかった。

 

再配達削減に向け、当事者ができることを実行

 再配達が起きる原因には、勤務中に荷物が自宅に届いてしまうケースが多いため、個人宅配物の会社受取を社内で推奨する制度を業界の各社で開始。再配達件数を下げるだけでなく、会社受取という新たな荷物の受け取り方を提唱している。3月10日時点では、協賛企業は10社だったが、4月26日には52社に拡大。この活動はNHKでも紹介されたという。

1 2

関連記事