2017.4.17

自動運転の配送サービス「ロボネコヤマト」、実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ディー・エヌ・エーとヤマト運輸(株)は17日から2018年3月31日にかけ、自動運転で荷物を届ける「ロボネコヤマト」実証実験を、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸・辻堂東海岸・本鵠沼の各エリアで開始する。

 

「ロボネコデリバリー」「ロボネコストア」の2サービスを提供

 実証実験では、保管ボックスを設置した専用EV車両を使用し、ドライバーによる有人運転が原則となる。ドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、利用者が荷物を車両から取り出す。体験を通じてサービス検証や要望を収集する。

 

 対象エリアの住民に、配送時間を10分ごとに区切って利用者が指定する場所・時間に商品を届けるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、地元の商店の商品をネットで一括購入し、運んでもらう買物代行サービス「ロボネコストア」の2サービスを提供する。

 

 

■「ロボネコヤマト」

関連記事