富士フィルム、機能性表示食品『メタバリア葛の花イソフラボン』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フィルム(株)は10日、機能性表示食品『メタバリア 葛の花イソフラボン』を発売する。

 

 同商品には機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)」が1日摂取目安量の4粒あたりに35mg配合されている。機能性は「肥満気味な方の体重やおなかの脂肪やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能」を表示する。

 

 同社は「糖の吸収を抑える」「腸内環境を整える」という2機能性を表示する機能性表示食品『メタバリアS』などを販売している。今回の『メタバリア 葛の花イソフラボン』は、無理な食事制限はせず、自分のペースで手軽におなかの脂肪を落としたい人や肥満気味の人などに向けた商品。同社は同製品と『メタバリアS』を使用することで、効率的な健康管理をサポートする。

関連記事