サンリオ、TCのエンタメ向けLINE活用プラットフォーム導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image トランスコスモス(株)と子会社の(株)Leonis & Co.(レオニス)は7日、両社が構築したLINEのチャットbot・電子チケット・ECを連携させた「エンターテインメント・イベント向けコミュニケーションプラットフォーム」を、(株)サンリオの公式ECサイトに導入すると発表した。2月中に運用を開始する。

 

 同サービスはトランスコスモスの統合型ECプラットフォーム「Transcosmos eCommerce HUB」と、レオニスが提供する電子チケット発券システム「Quick Ticket」のLINEでの受取機能を連携したもの。電池チケットの購入・発券からコンテンツ配信、入場前後のコミュニケーションまでをワンストップで提供する。

 

 同サービスの導入で、サンリオの公式ECサイト「サンリオオンラインショップ」でサンリオピューロランドの電子チケットを購入した利用者は、LINEでハローキティと会話ができるようになった。サイトから電子チケットを購入した利用者には、サンリオのLINE公式アカウントから電子チケットとハローキティのお礼メッセージが届く。サンリオピューロランドに入場後も、LINEのチャット配信ツールから館内案内やグッズ紹介などを配信し、来場者とのコミュニケーションを実現する。

 

 同サービスの利用で、チケット販売コストを削減するほか、LINEを活用した来園者とのコミュニケーションを可能にする。また、施設内外のコンテンツ配信により、新たな顧客体験を提供する。また、電子スタンプ技術「Quick Ticket」により、スマホに押印すれば入場管理ができ、専用の入場設備が必要なくなる。

関連記事