「売れるネット広告つくーる」がニッセンの後払いサービスと連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ(株)売れるネット広告社は2日、通販企業向けASPツール「売れるネット広告つくーる」(開発・運営:(株)Fusic)と、(株)ニッセンの後払いサービス「ニッセンコレクト@払い決済サービス」のシステム連携を開始した。

 

 システム連携により、同ツールを利用する通販事業者は、ランディングページ上で同決済サービスを利用できるようになる。同決済サービスは、商品到着後にコンビニエンスストアなどで支払いができるようになるため、ネット通販の利用者が安心して商品を購入できるようになる。また、通販事業者は、支払方法の幅を広げて利便性を向上できるほか、入金リードタイムの短いプランを選択すれば、キャッシュフローの改善にもつながる。

 

 売れるネット広告社の過去のA/Bテストによると、広告入口(LPなど)の新規獲得施策では、「後払い決済」をデフォルトの決済手段にすると、CVR(CONVERSION RATE=成約率)が最大化されるという。

関連記事