2016.5.31

ID・パスワードの使いまわしで被害拡大、JCCAが注意喚起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

日本クレジット協会(JCCA)は30日、ECサイトなどでID・パスワードの使いまわしによる不正使用被害が多発していることを受け、注意すべき事例や要点をまとめた動画を公表するなど、消費者に向けて注意喚起した。

 

 最近では、WEBサイトへの不正アクセスで流出したIDとパスワードを使用し、同じIDとパスワードが登録されている他のサイトに不正ログインされる事件が多発している。不正ログインされた場合、登録していたカード情報を盗み取られ、クレジットカードが第三者に不正使用されてしまうケースもある。

1 2

関連記事