ファミマと日本郵便が提携、海外店舗で「越境EC」商品受取も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ(株)ファミリーマートと日本郵政(株)は5日、業務提携し、国内と海外のファミリーマート店舗を活用した越境EC向けの配送サービスなどを開始すると発表した。

 

 同提携で、ファミリーマートと日本郵政グループは、両社が持つインフラやノウハウを活用し、新たな事業開発などを通じて顧客の利便性向上、ブランド価値の向上、事業拡大や潜在需要の開拓を図る。

 

 ファミリーマートと日本郵便の取組みは、国内・海外のファミリーマート店舗で、「越境EC」の商品受け取りなどの配送サービスと、郵便商品等の取扱拡大、宅配ロッカー「はこぽす」の設置。ゆうちょ銀行との取り組みでは、全国のファミリーマート店舗で「ゆうちょ ATM」の導入を拡大する。その他、両社は顧客の利便性向上、地域貢献に向け、さまざまな取組みを行う。

関連記事