かっこ、総額3億8000万円調達…不正検知を金融分野に提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴECでの不正検知事業などを手がけるかっこ(株)は1日、SBIインベストメント(株)・日本ベンチャーキャピタル(株)、静岡キャピタル(株)の3社を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額3億8000万円を調達したと発表した。調達した資金で、AI活用の検知機能を高度化し、不正検知サービスをネット口座の不正ログイン・不正送金などの金融分野に拡大する。

 

 同社はECでの未払いや詐欺などの不正注文を検知するサービス「O-PLUX」を提供。現在7000を超えるサイトでの導入実績を持つ。そのほか、決済コンサルティング事業、統計解析事業も手掛けている。こうしたノウハウを金融分野に拡大するほか、新たに融資サービスに伴う与信審査ロジックを提供する事業も開始する。

関連記事