2015.12.1

アイジーエー、店舗・WEBのポイント連携でオムニチャネル対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャプチャレディースカジュアルウエア専門店「axes femme」を展開する(株)アイジーエーは1日、w2ソリューション(株)が提供するECシステム「w2Commerce」に、店舗とWEBでポイントを共通化するポイント連携の仕組みを導入した。

 

 ポイント連携で店舗とWEBで同じポイントが利用できるようになり、オムニチャネルに対応した。オムニチャネルに対応する場合、通常は新たに独立したポイントシステムを導入する必要があり、コストの負担が大きかった。同ポイント連携システムでは、既存のポイントを利用でき、低コストで速やかな導入が可能。中小企業でもオムニチャネルに対応しやすいシステムとなっている。

 

 アイジーエーは、売上の大半をリアル店舗が占めていたが、2011年に「w2Commerce」を導入以降、WEBの月商が導入前と比較して200%アップした。ただ、店舗とWEBで別々のポイントを発行するなど、オムニチャネル対応が課題となっており、POSレジとポイントを連携できる同システムの導入に至った。同ポイント連携システムでは、店舗や商品ごとのポイント還元率設定が「w2Commerce」で管理できるほか、顧客情報やポイント情報などのデータも全店舗一括で管理できる。

関連記事