2015.9.10

中国向け越境EC「日本広場」のショールームがオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image中国越境EC事業および訪日インバウンド支援事業を手掛ける(株)GL-Plazaジャパンは9日、越境ECプラットフォーム「跨境通(コアチントン)」(KJT)を活用した中国向け越境ECサイト「日本広場」のショールーム(跨境電子商務O2O体験店)が、上海国際フェリーターミナル内にオープンしたと発表した。

 

 同ショールームは、上海市政府公認となるO2O越境ECスキームで、「跨境通(コアチントン)」に出店する日本企業の商品を展示している。ショールームでは、商品を手に取って確認したり、食品の試飲・試食販売などができる。「越境EC体験コーナー」では、来場者が商品タグのQRコードを読み込み、スマートフォンで注文したり、注文カード(商品札)を使ったサポートスタッフによるPC注文などが体験できる。日本広場への出店は、準備中の企業も含めて10社程度。

1 2

関連記事