2015.4.23

アクセス管理システムに「個人情報などの持ち出し検知機能」搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imageNRIセキュアテクノロジーズ(株)は22日、特権IDアクセス管理製品「SecureCube / Access Check(セキュアキューブ アクセスチェック)」に、企業・組織が持つ個人情報などの重要情報の持ち出し検知・通知機能「重要情報検知オプション」を搭載した新バージョンを販売開始した。同社によれば、同機能の搭載は、国内の特権IDアクセス管理製品で初という。

 

 新バージョンは、取得した操作記録を自動分析し、重要情報の持ち出しを検知・通知する。同機能の搭載により、操作記録のモニタリングや分析に関わる負荷を軽減し、不正行為を早期に発見できるという。

1 2

関連記事