2015.3.18

ヤマト運輸、台湾向け「国際クール宅急便」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image ヤマト運輸(株)は30日、日本発台湾向けの配送サービス「国際クール宅急便」を開始する。

 

 台湾での日本食ブームを受けたサービスで、これまで困難だった日本の生産者からの小口保冷輸送が可能となった。国際クール宅急便は、すでに香港でも開始している。同サービスは、国内の宅急便と同様、セールスドライバーによる集荷と直営店から発送できる。航空保冷コンテナで航空輸送し、空港では定温仕分け室を設置。保冷資材を使用しない輸送となる。台湾では、2000年からヤマト運輸とライセンス契約を結ぶ統一速達が、保冷機能を備えた車両で配達する。

関連記事