スマホ所有の40代、よく使うアプリは「EC・オークションアプリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MMD研究所が24日発表した「17年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査(大手3キャリア編)」によると、よく使用するアプリのジャンルは、10~30代が「SNS・動画・ゲーム」、40代が「天気・動画・EC・オークション」、50~60代が「天気・ニュース・ナビゲーション」だった。

 

Facebook利用者は10代で10.5%

 同調査は、大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)のスマートフォンを所有している15歳~69歳の男女319人を対象に行ったインターネット調査。調査期間は7月20日~27日。

 

1 2

関連記事