現代人はスマホ依存症?約6割が「『断スマホ』の限界は半日」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの普及により、インターネット接続が手軽になったことで、ライフスタイルが急速に変化しつつある。通勤時に電車の車内でスマホを見ている人は一般的で、新聞を読む人はむしろ珍しくなった。現代人はスマホに依存している状況になっていることが、(株)ファンケルが23日発表した「現代人のスマホとの付き合い方に関する意識と実態」調査でわかった。

 

スマホは「ショッピングに欠かせないツール」が40%

同調査結果によると、スマホを日常的に使用している人のうち、スマホを使わない「断(だん)スマ」をした人が「断スマ」を実行できた時間は、約8割が「丸1日まで」だった。また、「断スマホ」をしたことがない人に「断スマ」ができそうな時間を聞いたところ、58%が「半日まで」と答えた。

1 2

関連記事