ネット通販利用者、再配達依頼で「ドライバーに電話」が55%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)プラネットがこのほど発表した「宅配便に関する意識調査」結果によると、ネット通販の利用者のうち、35.7%が配送にかかるコストを意識していないことが分かった。

 

 

再配達で「コンビニ受取を指定」は20代男性で13.8%

 同調査は、インターワイヤード(株)が運営するネットリサーチ『DIMSDRIVE』がリサーチモニターを対象に実施し、3710人から回答を得たもの。調査期間は3月24日~4月7日。

1 2

関連記事