ヤマト運輸、基本運賃を最大180円値上げへ…割引制度も拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマト運輸(株)は4月28日、宅急便の基本運賃を9月末までに140円~180円値上げすると発表した。値上げとあわせ、クロネコメンバーズ会員は最大で250円オフ・15%割引となる割引制度も拡大させた。

 

クロネコメンバーズは「最大250円割引+15%割引」

 基本運賃は、現行の運賃に「60-80サイズ」が+140円、「100―120」サイズが+160円、「140―160サイズ」が+180円加算される。値上げした配送料は、新たな労働力の確保や社員の処遇改善などに充てられる。

 

 値上げと同時に割引制度も開始。店頭端末「ネコピット」で発行したデジタル送り状を利用すれば荷物1個につき50円を割引するほか、クロネコメンバーズ会員が発送時に荷物を直営店に持ち込めば、発送荷物1個につき150円を割引する(現行では持込割引100円)。クロネコメンバーズ割の15%割引も適用される。また、配送先を自宅でなく直営店(宅急便センター)に指定した場合、通常の宅急便運賃より50円割引する「 宅急便センター直送サービス」(仮称)を新設する。

 

 各種割引制度と新サービスを併用した場合、クロネコメンバーズ会員は最大250円割引+15%割引、非会員は最大200円の割引となる。

 

 また、6月19日から配達時間帯を6区分から5区分にし、「12時~14時」の指定枠を廃止するほか、「20時~21時」枠を「19時から21時」にする。当日再配達の受付時間を4月24日から19時まで(従来は20時まで)に変更し、WEBの当日再配達受付は18時40までとした。

関連記事