2017.3.7

JADMA、教育プログラム「サプリ塾」を開講

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (公社)日本通信販売協会(JADMA)のサプリメント部会は7日、サプリメントに関する教育プログラム「JADMA『サプリ塾』」を開講すると発表した。

 

 「サプリ塾」設立の目的は、安全性・機能・顧客対応などの勉強、品質担保・顧客対応などの理想的なあり方の検討、関係者が本音で語り合える場の提供の3つ。業界内にはサプリメントに関する実務知識を体系的に学ぶことができる場や、さまざまな立場で意見を交換する機会がなかったため、今回の「サプリ塾」設立に至った。

 

 受講対象者は、販売会社を中心としたサプリメントに関わるすべての人。受講料は実費により決定。(1回数千円程度)。東京都内の会場で2カ月に1回程度開催する。第1回のオリエンテーションは、4月27日にAP東京八重洲通り(東京都中央区)で開催する。申込については、JADMAのホームページで近日中に案内される。

関連記事