記憶に残る動画広告、1位は「SNSタイムラインに表示の動画」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)マクロミルと(株)デジタルインファクトが7月31日発表した「動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査・第2弾」によると、ユーザーが目にする動画広告のうち、その内容を覚えているのは、「ソーシャルメディアのタイムライン上に表示される動画広告」が最も多いことが明らかになった。また、動画広告を見て不快に思った経験がある人は過半数に上った。

 

 

動画コンテンツの視聴1位は「YouTube」

 同調査は、マクロミルとデジタルインファクトが共同で実施したインターネット調査で、国内動画コンテンツ視聴ユーザー536人を対象に実施したもの。調査期間は17年6月中。第1弾の調査は今年2月6日に実施されている。

 

 調査結果によると、ユーザーが普段無料で動画コンテンツを視聴するサービスは、「YouTube」(97.8%)が最多で、次いで「ニコニコ動画」(27.8%)、「Facebook」(21.1%)、「ライン」(20.3%)、「Twitter」(17.7%)の順に。3位以下はソーシャルメディアが名を連ねている。

 

 

 動画広告に関する質問では、動画広告のうちユーザーが内容を覚えているのは、「ソーシャルメディアのタイムライン上に表示される動画広告」が20.2%と最も多く、次いで「無料動画サイトの動画コンテンツの前や途中に表示される動画広告」(18.6%)、「ニュース・ポータルサイト」(14.5%)となっている。その一方で、動画広告を見て不快に思った経験があるのは全体の60.6%に達しており、ユーザーは動画広告に対し、あまり良い印象を抱いていないことがうかがえる。不快に感じた動画広告について、デバイス別にみてみると、「スマートフォン」(65%)、「パソコン」(63%)、「タブレット」(59%)の順となった。

 

 また、動画広告を非表示にする機能があった場合に「お金を支払っても良い」と答えた人の割合については、「YouTube」が17.9%で最も多く、「ニコニコ動画」「GYAO!」「AbemaTV」など他の主要サービスと比べて割合が高かった。

関連記事