AI・チャットボットに約8割が「興味あり」、「導入検討」5割超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング支援会社の(株)アイアクトが22日発表した「AI・チャットボットに関しての意識調査」によると、同社が主催するセミナーの参加者(96人)のうち76%がチャットボットに「関心がある」と答えていたことが分かった。調査日は17年5月23日と5月30日。

 

 

 

AI・チャットボットの用途は「カスタマーサポート」が約3割

 「自社にAIを導入したいと考えていますか」という質問では、「時期を決めて導入検討中」と答えた企業が20%弱に達し、過半数以上が「時期未定」としながらも「導入を検討している」と答えた。「AIに関する人員がいるか」については、9%が「いる」、88%が「いない」と回答。AIに関する予算を見込んでいるかについては、「見込んでいない」が79.2%と多くを占めたが、「見込んでいる」と答えた企業も15.6%あり、中には100万円以上の予算を見込んでいる企業もあった。

1 2

関連記事