2017.8.22

楽天、遺伝子検査サービス企業に14億円出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天(株)は21日、遺伝子検査サービスを提供するジェネシスヘルスケア(株)の第三者割当増資を引き受け、約14億円をジェネシスヘルスケアに出資したと発表した。ジェネスの社外取締役には、楽天の三木谷浩史が就任した。

デジタルヘルス市場でセルフメディケーション推進へ

  ジェネシスヘルスケアは、遺伝子解析と共同研究の長年の実績を持ち、民間向けの検査キット「GeneLife(R)(ジーンライフ)の提供を通じて、国内最大規模となるアジア地域を含めた約52万人分の遺伝情報データベースを保有している。同データベースを2020年には100万人分に拡大させ、医療や研究機関などに向けてサービスを提供できるように、独自の研究を続けている。

1 2

関連記事