2017.8.2

ロハコ「Happy on time」で「置き場所指定」などを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は2日、ユーザーからの商品配達時の要望を受け、LOHACOの受取りサービス「Happy on time」で、新たに「置き場所指定」「ダンボール回収」「配送直前の電話」「宅配ボックス受け取り」という4つの受け取りサービスを追加した。

LOHACOの受取方法がより便利に進化

 新受け取りサービスは、追加料の必要はなく、無料で利用できる。「置き場所指定」では、商品購入者が在宅であっても、ドアチャイムを鳴らさずに指定の置き場所に届ける。置き場所は「玄関扉の前」「車庫」「物置の中」「裏口・勝手口扉の前」の4つから指定できる。配送完了後、ドライバーはモバイル端末で置き場所の届け状況を撮影し、購入者はLOHACOアプリやサイト(PC・スマホ)から、写真画像で確認できる。

 

 「ダンボール回収」は、ドライバーが商品配送時に、以前にLOHACOで配送した商品のダンボールや紙袋を回収するサービス。ダンボール回収により、自宅にダンボールが溜まり、ダンボールの保管や廃棄する際の負担を軽減し、利便性を向上する。

 

 「配送直前の電話」では、ドライバーが配送先に到着後、購入者が指定した電話番号に電話をしてから商品を届けるサービス。単身女性などは、防犯の観点から荷物が何だかわかっていなければ受取りを見送る人もおり、直前に電話をすることにより、利用者が安心してドライバーから商品を受取ることができる。

 

 「宅配ボックス受け取り」は、「置き場所指定」と同様、ドアチャイムを鳴らさずに宅配ボックスに商品を届けるサービス。注文時に「宅配ボックスに入れない」を選択した場合でも、配送までに同サービスで変更をすれば、宅配ボックスで受取れる。本来は自宅で受け取る予定だったが、「子供が寝たからチャイムを押さないでほしい」といった受け取り方法の変更に対応し、子育て中の女性の要望に応える。

 

「Happy on time」の再配達率は2.5%

 また、「Happy on time」で人気の通勤前に受け取る「早朝」(午前6-8時)、の時間帯を指定するには、これまで18時までの注文で翌々日以降の時間指定に対応していたが、27日からは18時までの注文で、翌日以降で配送する対応を始めた。

 

 「Happy on time」を利用した場合の不在率は、6月・7月で2.5%となり、着実な再配達削減効果が確認できている。同社は、「Happy on time」で「1時間指定」などのきめ細かい時間指定で1回での受け取りを確実にすることに加え、今回のサービス追加でより利用者の都合や要望に応えることで、さらにサービスの利便性を進化させる。

 

関連記事