2017.6.22

楽天が民泊市場に参入へ、LIFULLと新会社「楽天LS」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECだけでなく、共通ポイント、ネット金融、証券、トラベルなど、さまざまなサービスを提供する楽天経済圏に、新たに「民泊」が加わることになった。楽天(株)と(株)LIFULL(ライフル)は22日、共同出資の新会社「楽天LIFULL STAY(株)」(楽天LS)を設立し、国内での民泊事業に参入すると発表した。新会社の出資比率は楽天が51%・LIFULLが49%となる。

 

(左)楽天・山田善久副社長、(中央)楽天LIFULL STAY・太田宗克社長、(右)LIFULLの井上高志社長

宿泊仲介プラットフォーム「Vacation Stay」設立へ

 楽天LIFULL STAYは、個人・法人オーナーと国内・海外の旅行者をマッチングする宿泊仲介プラットフォーム「Vacation Stay」(仮称)を、2018年1月以降を目処に設立し、民泊仲介サービスを開始する。サイトのオープンは、3月に閣議決定した住宅宿泊事業法が施行されてからとなる。

1 2

関連記事