2017.1.16

米Amazon、プライム会員向けの「5%還元カード」を発行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image 米Amazonは11日、Amazonで購入した代金の5%を還元するプライム会員向けのクレジットカード「Amazon Prime Rewards Visa Signature Card」を発行すると発表した。

 

 同カードでは、Amazon.comで購入した代金の5%をポイント還元するほか、Amazon.comレストラン、ガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用で代金の2%を還元する。これらをのぞくサービスでのカード利用は、1%還元となる。獲得するポイントの上限はなく、ポイントの利用期限もない。また、海外旅行や海外で買物をした場合、外国為替の手数料が無料となるほか、ビザによる海外旅行保険や24時間のコンシェルジュサービスなどの特典が利用できる。カードの年会費は無料。

 

 すでに既存の「Rewards Visa Signature Card」を持つプライム会員は、新たなカードグレードアップされる。非会員向けのカードもあるが、こちらは5%・2%のポイント還元はなく、外国為替手数料の無料サービスなどが適用される。  アマゾンジャパン合同会社は、Amazonクレジットカード「Amazon Mastercard」を発行しており、こちらの還元率は昨年10月に最大2.5%にアップした。日本では米Amazonのプライム会員向けサービスが、約1~2年後に開始される傾向があり、今回の5%還元カードも、日本で約1年後以降に導入されると見られる。米国を例にすれば、日本で導入された場合は、「Amazon Mastercard」をグレードアップする方向になりそうだ。

 

 米Amazonで発表されたカードは、還元率が5%となり、Amazon以外でもレストランやガソリンスタンド、ドラッグストアでの利用で2%還元され、ポイントの期限もない。日本で導入された場合、通販関連のクレジットカードサービスでもトップクラスの還元率となり、プライム会員による同カードの利用率が向上するほか、カード加入者も増加しそうだ。

関連記事