2015.9.1

楽天、丸紅と電力小売事業で業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ楽天(株)は8月31日、丸紅(株)と低圧需要家向けの電力小売事業で業務提携し、電力小売事業の新サービスの開発を進めると発表した。2016年4月の電力小売市場の全面自由化を見据え、電力小売事業を「楽天経済圏」のサービスに組み込む見込み。 丸紅は、世界23カ国で電力事業を運営し、総計10GW超の持分発電容量を保有。国内では水力発電事業や洋上風力発電実証事業など、再生可能エネルギー電源の開発を推進するほか、自社電源の確保と電力小売事業の拡大に積極的に取り組んでいる。両社は2014年10月、エネルギー需要開発の協業を開始し、楽天のプラットフォームを活用した電力受給取引拡大や簡易HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)などの共同開発に取り組んできた。  

 

 楽天は低圧電力を使用している「楽天市場」出店者や「楽天トラベル」加盟宿泊施設などに向け、電力供給と「楽天スーパーポイント」やポイントを活用した決済サービスなど、新たなサービスの開発を進める。

関連記事