2014.10.29

フリルが初のTVCM開始、CtoC成長企業の新戦略とは?(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)Fablicは30日、フリマアプリ「Fril(フリル)」の「Fril公式ショップ」で、MARKSTYLER(株)の3ブランドのアウトレット商品を扱う常設ショップをオープンする。また、31日には沢尻エリカさんらを起用した初のテレビCMを放送。CtoCからBtoCに舵を取るのか、28日に記者会見で発表した事業戦略から、同社の今後の戦略や安全対策の取り組みなどを紹介する。

個人間取引のトラブル増加

 フリルは女性向けのフリマアプリとして2012年7月からサービスを開始。現在は200万ダウンロードを突破し、月間の物流総額は5億円以上。1日に出品される商品は、数万件に上る。CtoCサービスが増えてくるなか、同社がこだわるのが安全・安心な取り引きだ。 CtoC市場では、個人間取引のトラブルが絶えない。特に服飾関係のトラブルは多く、2013年に(独)国民生活センターに寄せられた個人間取引を含めた通販の相談件数のうち、被服類品類は7割におよぶ。また、国センは個人間取引について「個人間取引は消費者保護を目的とした法規(特定商取引法や消費者契約法など)が適用されないという問題がある。消費者が出品者として売り手になる場合、消費者自身の行為が商標法、著作権法、不正競争防止法、刑法などに抵触する危険性がある」と警告している。

1 2

関連記事