経産省、本人確認手続きのビジネスモデルを募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 経済産業省は16日、オンラインサービスの本人確認手続きの問題点を解決するビジネスモデルの創出を目指し、「ID連携トラストフレームワーク・ビジネスモデルコンテスト」の応募を開始した。

 

 ID連携トラストフレームワークは、本人同意のもと、組織間で個人認証や属性情報(ID:アイデンティティ)を安全に連携する仕組み。個人認証や属性情報管理の信頼性が向上し、複数のオンラインサービスの連携にも期待が寄せられており、経産省も同フレームワークの枠組みの構築を検討している。

1 2

関連記事