日本郵便が仏・香港の物流企業と提携、国際宅配サービス開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 日本郵便(株)は3日、フランスの物流会社「GeoPost(ジオポスト)」(本社:フランス・パリ)と香港の物流企業「Lenton Group(レントングループ)」(本社:中国・香港)の2社と資本・業務提携で合意し、今年の秋から海外向け国際宅配便サービスを開始すると発表した。

 

 日本郵便は、ジオポストが出資提携しているレントングループの第三者割当増資の引受けにより、レントングループ株式の14.9%を取得した。海外企業への出資は、日本郵政グループで初となる。ジオポストは小包・エクスプレス事業でフランス第1位、欧州第2 位のシェアを持つ国際物流企業。日本郵便は、アジア市場への展開を中心に、国際物流事業を手掛け、アジアでの地位確立を目指す。資本・業務提携で、従来の国際郵便や国際スピード郵便(EMS)サービスでは提供できなかった関税元払いなどのサービス機能を備えた海外向け国際宅配便サービスを、今年の秋から開始する。

関連記事