プラス、小・中学校向け「学校家具カタログ」発刊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image プラスは8月20日、学校施設のシンクタンク「教育環境研究所」の協力のもと、小・中学校を対象とした「学校家具カタログvol.1」を発刊する。

 

 同カタログは「共に学ぶ」をテーマに、教室まわりから理科室などの特別教室、カフェテリア、管理諸室に関連した、椅子・机・電子情報ボードなど1121アイテムを掲載。製品情報の羅列ではなく、子どもの活動に主眼を置き、多彩な学校家具を教室ごとに掲載。今後は、定期刊行化とともに品ぞろえの拡充を図り、学校向け家具事業を強化する。

 

 具体的には、巻頭に教育環境研究所 長澤悟所長のインタビューを掲載しているほか、教室ごとに家具選定のポイントを立体イラストで紹介。144ページ構成。4年後に30億円の販売を目指す。配布先は全国の小・中学校、教育委員会、販売店、設計事務所など。

関連記事