阪急コミュニケーションズ、出版・デジタル事業をCCCに譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image 阪急コミュニケーションズは7月31日、同社の出版事業のうち宝塚歌劇関連事業、フリーペーパー事業とインターネット販売事業をのぞく全事業を、10月1日付けで会社分割により新設するCCCメディアハウスに承継すると発表した。

 

 また、同日付けで新設会社の株式のすべてをカルチュア・コンビニエンス・クラブへ譲渡する。これにより『ニューズウィーク日本版』『フィガロジャポン』『ペン』、ムック、書籍、デジタル事業は10月1日からCCCメディアハウスが刊行することになる。

 

 また、10月1日付けで宝塚歌劇関連事業を阪急電鉄の子会社である宝塚クリエイティブアーツに、フリーペーパー事業などを阪急電鉄の子会社である阪急アドエージェンシーにそれぞれ事業を譲渡する。

関連記事