SNSの利用頻度、日本は49カ国中最下位。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image カンター・ジャパンは7月30日、49カ国・地域のインターネットユーザー約5万5000人を対象に「Connected Life調査」を行い、その結果を発表した。

 

 調査結果によると、SNSの利用頻度が49カ国中最も高かったのはインドネシアで98.5%、最も割合が低かったのは日本で66.5%だった。49カ国の平均は81.8%だった。また、「SNSを利用しない」を選択した33.5%に、今後SNSの利用に関心があるか聞いたところ、日本は「関心がある」が1.8%、「関心がない」が28.8%だった。

1 2

関連記事