増税後の主婦、57%が「買い控え」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

博報堂は7月29日、20代~60代の主婦500人を対象にした「増税後の主婦の消費意識調査」の結果を発表した。

 

 調査結果によると、増税後に「買い控え」をした人は全体の57.6%だった。特に、20代・30代の若い層が買い控えをしていることがわかった。理由として、「価格が上がった」以外に、「商品の値ごろ感が分からなくなった」「価格表示が分からなくなった」がいずれも70%以上と高く、今回の増税時に改訂された税抜価格表示が買い控えに影響を与えていた。

1 2

関連記事