アサイー関連市場、13年は2.3倍の36億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image
表資料 富士経済は7月11日、「健康マインド対応食品の調査」の結果を発表した。  調査結果によると、アサイーを使用した商品は、13年は前年比2.3倍の36億円となった。アサイーはポリフェノールの含有量が多く、抗酸化作用による細胞の老化防止が期待され、美容に関心の高い女性を中心に需要が高まっている。14年以降も果実系飲料を中心にアサイーを使用した商品は増加するとみられ、14年は同58.3%増の57億円が見込まれる。  カフェインレス飲料は、刺激が少なく妊婦や授乳中の母親、子供でも安心して飲用できると人気が高まり、13年は同3.7%増の695億円となった。14年は同11.2%増の773億円の見込み。  糖質オフ・ゼロは、ビール類のウエイトが最も高く、これまでアルコール飲料を中心に商品が拡大してきたが、近年は糖質制限食の関心も高まっている。今後も市場は拡大を続け、14年に同7.4%増の2444億円となる見込み。  減塩は乳幼児の離乳食で使用されるほか、高血圧などの健康面を配慮するシニア層からの関心が高く、しょうゆ、つゆの素など和風系調味料で減塩が浸透。                           13年は同7.3%増の424億円となった。14年は同5.4%増の447億円となる見込み。

関連記事