佐川GL、中国・広州で宅配便事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 国際物流事業を展開する佐川グローバルロジスティクスは11月18日、中国・広東省広州市において宅配便事業を開始すると発表した。

 

 同社の子会社で上海にて宅配便事業を展開する上海大衆佐川急便物流が、広州市に新たに拠点(広州分公司)を開設。11月21日より広州市および隣接する佛山市エリアでの宅配便事業を開始する。

 

 進出する広州・佛山エリアは中国華南地区の中心で、中国GDPの12%を占める中国最大の地域経済圏。成長著しい通販市場の需要を見込み、今年10月よりトライアルを開始していたが、正式に営業を開始する。

関連記事