楽天、リアル書店向けに電子書籍コンテンツを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 楽天は6月16日、リアル書店向けに電子書籍コンテンツサービスを提供すると発表した。 書店の活性化を目的に設立された「書店における電子書籍販売推進コンソーシアム」が、全国4店舗の書店で実施するリアル書店での電子書籍販売の実証事業に、電子書籍コンテンツのサービス提供会社として参加する。 今回実証に参加する書店店舗において、顧客は店頭に並ぶ電子書籍カード「BooCa」のコミックや文芸作品、新書など約3000タイトルの中から、好きなタイトルを選び、ハードカバーや単行本と同様に、店頭レジで電子書籍を購入できる。購入した電子書籍は、楽天の子会社であるKobo Inc.が日本国内で展開する「楽天Kobo電子書籍ストア powered by 楽天ブックス」など、参加電子書籍ストアの中からいずれかのサービスを選んでダウンロードすることが可能。実施期間は同日から11月21日まで。

 

 実施店舗は、三省堂書店神保町本店(東京都千代田区)、有隣堂ヨドバシAKIBA店(東京都千代田区)、豊川堂カルミア店(愛知県豊橋市)、今井書店本の学校今井ブックセンター(鳥取県米子市)。

関連記事