14年ネット決済代行市場、118%の1599億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 ミック経済研究所は4月7日、国内ECのネット決済代行サービスを対象とした資料「ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望2014年度版」を発刊した。

 

 同資料によると、ネット決済代行サービス市場規模は、13年度が1335億円、14年度には前年度比118.0%の1599億円となる見込み。経済産業省の「平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備」によると、日本の消費者向けEC市場規模は、12年に同112.5%の9兆5130億円に拡大。EC化率も11年2.83%から12年3.11%へと0.28ポイント(増加額1兆540億円)上昇している。

1 2

関連記事