増税前に購入したい商品、1位は食品・2位住宅関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 ロイヤリティ マーケティングは2月26日、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため「第3回Ponta消費意識調査」を実施し、その結果を発表した。

 

 調査結果によると、いま購入・消費したい商品・サービスは、1位「食品(ふだん食べるもの)」、2位「旅行(宿泊を伴うもの)」、3位「衣服」、4位「くつ」、5位「外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)となった。「食品」「外食」が増加し、前回調査で増加したトップ3「衣服」「食品」「タブレット端末」が減少する結果となった。やや高額・特別なものから、ふだんの食を中心とした生活に密着したものへと消費意識がシフトしていることが分かった。

1 2

関連記事