マーケ関係者の8割、BtoC広告媒体は「Webサイト」重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 薬事法ドットコムは11月28日、Webを利用した集客や販促などのマーケティングに関心のある20歳以上の有職者300人を対象に「Webマーケティング」をテーマにしたインターネットリサーチを実施し、その結果を発表した。

 

 調査結果によると「一般消費者向けに新規ビジネス(BtoC)を行うとしたら、その広告媒体として重視すること」は、1位「Webサイト」(82.7%)、2位「スマートフォン向けのアプリ」(37.3%)、3位「テレビ」(34.0%)だった。次に「一般消費者向けに新規ビジネスを行うとしたら、どのようなビジネスを最も行いたいか」は、1位「Eラ-ニングなど教育や学習に関するビジネス」(18.3%)、1位「旅行や観光に関するビジネス」(18.3%)、3位「金融や投資に関するビジネス」(17.7%)となった。

1 2

関連記事