「楽天日本一大セール」で不当表示の疑い…大幅割引と見せかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 楽天は11月7日、インターネット仮想商店街「楽天市場」で開催した「楽天日本一大セール」で、出店業者の一部に不当表示の可能性があったと発表した。

 

 「楽天市場」では、11月3日から7日午前1時59分まで、東北楽天ゴールデンイーグルスの「コナミ日本シリーズ2013」の優勝を記念し、「楽天日本一セール」を開催。星野仙一監督の背番号にちなんで、商品を77%引きで販売するなどしていたが、一部の出店業者が通常価格を実際より引き上げて表示し、大幅に割り引きしたように見せていた可能性があるという。

1 2

関連記事