スタートトゥデイ、「ストアーズ」のブラケットを買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 スタートトゥデイは7月16日、誰でも簡単にオンラインストアを作ることができるサービス「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」を運営するブラケットの全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。

 

 STORES.jpは2012年9月にサービスを開始し、現在までに約4万店のオンラインストアが開設。今年度中には開設ストア数が10万店を超えると予想される。そうした中、開設されているストアの約70%がアパレルカテゴリー関連であることや、出店ストアからの販売支援サービスや物流サービスへの需要が高まっていることなどから、両社のシステム基盤やサービス体制を連携させることで、さらなる拡大成長を実現できると考え、今回の資本提携に至ったという。

 

 今回の提携により、「STORES.jp」上でストアを開設しているファッションブランドが、スタートトゥデイが展開するファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」に出店を希望する場合、またその逆の場合も、商品情報・在庫情報を連携した上で、それぞれのサイトに簡単に出店ができるようになる。

関連記事