シニアの5割、通販利用は「月1回以上」…シニアコム調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買い物店舗(方法)ごとの利用頻度・金額 シニアコムは4月2日、2013年2月に50歳以上男女740人に対して「買い物に関するアンケート」を行い、その調査結果を発表した。

 

 調査結果によると、男女ともに従来の店舗(対面販売)である「スーパー(GMS)」が「週に1回以上」と利用頻度が最も高く、「コンビニ」がこれに続いた。一方で、通販や宅配の非対面販売は「通信販売(パソコンによるインターネット)」の「1カ月に1回以上」の利用割合がおよそ全体の半数近くに達し、「百貨店」「専門店(小売)」「大型量販店」「ドラッグストア」といった対面販売チャネルとほぼ同等となっている。

1 2

関連記事