配送業者の9割が黒字、約8割は小規模事業者…帝国DB調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)帝国データバンクが22日発表した「道路貨物運送業者の経営実態調査」によると、2016年の道路貨物運送業者の倒産件数は、前年比17%減の176件となった。ネット通販の拡大で宅配便荷物が増加し、運送業の需要が増加したことなどで、倒産件数が減少した。

 

配送業者の16年総収入高は約20兆

 同調査は、同社の企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)から、16年決算の収入高が1億円以上の国内道路貨物運送業者を対象に、総収入高や損益動向などを集計・分析した。

1 2

関連記事