楽天が日エコに出資、太陽光発電の提携関係を拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

 楽天は1月23日、同社の100%連結子会社であるRSエンパワメント(RSE)が、伊藤忠商事が保有する日本エコシステム(日エコ)の株式の一部を取得すると発表した。

 

 株式取得後はRSEが日エコ株を33.4%保有し、伊藤忠商事の保有比率は現在の82.65%から49.25%となる。楽天と伊藤忠商事は今後、日エコの主要株主として連携を深め、日エコの企業価値向上を目指す。

 

 2012年7月に楽天と日エコの事業提携により開始した家庭用ソーラーパネルの販売サービス「楽天ソーラー」は、好調に販売・施工実績を伸ばしており、楽天は日エコへの出資により提携関係を拡大し、積極的に太陽光発電事業に取り組む。伊藤忠商事は、国内外のネットワークを通じた日エコの営業力・調達力強化を行う。

関連記事