セールイベントに便乗して詐欺、新生活関連商品の偽サイト多発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生・親などターゲット層が多様化

 ECサイトで大規模なセールイベントなどが開催されると、そこに便乗して偽販売サイトを立ち上げる手口が増加していることがわかった。ソフトバンクグループのBBソフトサービス(株)が27日発表した2017年2月の「インターネット詐欺リポート」によると、2月はひな祭り関連商品や新生活関連商品などの偽販売サイトが多数検知された。

 

 同調査は同社の「Internet SagiWall(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした詐欺リポート。

1 2

関連記事