新生活の物品購入額は19万円、男女の世代間で格差も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仏のマーケティング会社Criteo社の日本法人CRITEO(株)が27日発表した「引っ越し・新生活に関する意識調査」によると、新生活に向けて購入する予定の商品は、1位が「家具」・2位が「家電」・3位が「調理器具」となった。

 

 同調査は、3年以内に賃貸住宅に引っ越しをした経験を持つ全国20~59歳の男女600人を対象にしたインターネット調査。調査期間は3月2日~5日。

1 2

関連記事