越境ECは台湾が狙い目?「懐日ブーム」で購入額1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (株)ラクーンが21日発表した越境ECサービス「SD export」の販売動向レポートによると、日本製品の国別購入額は、ここ数年「懐日(日本を懐かしむ)ブーム」が起きている台湾が1位となった。

 

 「SD export」は、日本の国内メーカーと海外企業・小売店をつなぐBtoBの越境ECサイト。現在はメーカー約600社が世界134カ国に向けて商品を販売している。

1 2

関連記事