訪日外国人の旅行消費額、約5年ぶりに減少…観光庁統計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ 観光庁がこのほど発表した「7-9月期 訪日外国人消費動向」によると、7~9月期の訪日外国人旅行消費額は、前年同期比2.9%減の9717億円となった。前年同期を下回ったのは、4年9カ月ぶり。

 

 国・地域別の消費額は、中国がトップで4398億円(構成比45.3%)、2位が台湾で1292億円(同13.3%)、3位は韓国で908億円(同9.3%)、4位は香港で699億円(同7.2%)、5位が米国で532億円(同5.5%)となった。上位5カ国が全体の80.6%を占めた。

1 2

関連記事