経産省、AIなどの「新産業構造ビジョン」の中間整理を公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

経済産業省は27日、Iot・ビッグデータ・ロボット・人口知能(AI)など、「第4次産業革命」と呼ばれる技術革命に対応する戦略的な取組「新産業構造ビジョン」の中間整理を公表した。

 

 同ビジョンでは、具体的戦略として(1)データ利活用促進に向けた環境整備、(2)人材育成・獲得、雇用システムの柔軟性向上、(3)イノベーション・技術開発の加速化(Society5.0)、(4)ファイナンス機能の強化、(5)産業構造・就業構造転換の円滑化、(6)第4次産業革命の中小企業、地域経済への波及、(7)第4次産業革命に向けた経済社会システムの高度化、を明記した。

 

 「新産業構造ビジョン」は第4次産業革命をリードするための官民の羅針盤となる取組。経産省の産業構造審議会 新産業構造部会は、15年8月から同ビジョンの策定に向けた議論を開始していた。

関連記事