通販・訪販小売業の倒産件数、15年は過去最多64件に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

(株)東京商工リサーチが22日発表した「通信販売・訪問販売小売業」の倒産状況によると、2015年1~11月の通販・訪販小売業の倒産件数は、前年同期比39.1%増で、過去最多の64件に上ることがわかった。

 

 15年1~11月の通販・訪販小売業の倒産件数は64件で、09年の調査開始から最多だった56件(13年)を上回り、過去最多となった。負債総額は同374.7%増の168億2600万円で、前年の4.7倍増と急増した。負債10億円以上の大型倒産が2件発生したことで、1件当たりの平均負債額は同240.2%増の2億6200万円となった。

1 2

関連記事