製薬会社がダイエットサプリで不当表示、消費者庁が措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image短期間での痩身効果などを謳い、根拠のない広告表示をしてサプリメントを販売していたとして、消費者庁は3日、源平製薬(株)(本社:富山県射水市、佐渡時応社長)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。

 

 消費者庁によると、同社は2013年7月から15年5月にかけ、新聞や雑誌、フリーペーパーなどの広告で「ダイエットサポートがこの1粒で」「寝る前にたった1粒」「短期間でマイナス3kg!ブラックジンジャーが脂肪そのものを減らす」などと表示。ブラックジンジャー抽出物などを含有したサプリメント『LAPURA』を販売していた。

1 2

関連記事