アパレル市場はネット通販がけん引…矢野経済調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

casp011-s(株)矢野経済研究所が16日発表した「国内アパレル市場に関する調査結果2015」によると、2014年国内アパレル総小売市場規模は、前年比100.9%の9兆3784億円となった。  

 

品目別では、婦人服・洋品市場が同101.4%の5兆9086億円、紳士服・洋品市場が同100%の2兆5476億円、ベビー・子供服・洋品市場が同100.7%の9223億円となった。販売チャネル別では、百貨店が同97.4%の2兆1221億円、量販店が同96.2%の9869億円、専門店が同102.7%の4兆9014億円で、その他(通販など)が同104%の1兆3680億円で、専門店とその他(通販など)が市場を牽引した。

1 2

関連記事